So-net無料ブログ作成

宣材写真の撮り方(書類選考を通すための考え方) [あれこれ]

宣材写真(オーディション写真)の撮影予約の方は,前後の日記をご覧下さい。

◆そのスタジオ写真は,肌の色が肌色に撮れていますか?
bana.jpg
実は,芸能事務所,声優事務所に掲載されているプロフィール写真でも,
肌の色が,紫色だったり灰色だったり,ピンクだったり,オレンジだったり,
肌の色が不自然なスタジオ写真が非常に多いんです。
肌色が肌色に撮れないカメラマン,写真スタジオが,都内にも大変多いのです。

ど派手な演出のスタジオ体験と,雑誌に取材をされたかのような記事風の広告,
カリスマ写真家気取りの大先生パフォーマンスに,結果をごまかされていませんか?

演出は無くても,きちんと広告のような写真が撮れるアトリエと,
あなたの人生に役立つのはどちらでしょうか。


さて,私は,過去に文部科学省のポスター撮影と素人オーディションを2度やりました。
また,私の撮った写真を足がかりにして有名人になった沢山の方や,
もともと人気作品の出演者だった方や,ミスコンでグランプリだった方,有名事務所移籍を果たされた方も含め,沢山の方の撮影した経験をふまえた考え方と撮影の仕方を述べます。

少し技術的な話になります。読む必要はありませんが,考え方をご理解頂ければ,
あなたの芸能人生を左右するスタジオ選択の指針になるかもしれません。

唐突ですが,ひとつ,オーディション側は,
『なんのためにあなたに全身写真を提出させるのか』と考えてみましょう。


芸能事務所はひとつの商売なので,業界のグループ内が儲けていくために,
写真スタジオの指定など,内輪のしがらみがある部分もあるんですが,
それはまあ仕方ないことです。


しかしながら,公開して募集するオーディションで,
オーディションをする側,すなわち,仕事をお願いする側は,
写真に何を求めるでしょうか。


最近のアイドルオーディションの傾向としては,
『修正加工していないプロフィール写真』での募集が増えています。


あなたが小柄なのか大柄なのか,といった体格や,
腕の長さはどうか,脚の長さ,O脚か,X脚か,美脚かが確認できればよいのです。
ポーズや加工でごまかした写真は,はじかれてしまいます。

どんな有名人であっても人間である以上,
容姿や,左右の目の大きさ,腕の長さ,脚の形から,指の節まで,全てが完璧な人はいません。有名人の出演するCMであっても,
手のアップは,『手タレ』さんの手の映像にすりかわっています。
DSC00459.jpg
良し悪しは別として,あなたの体形がわかる写真こそが,求められる宣材写真です。
細かいところは,気にしなくて大丈夫ですが,
不自然なポーズや加工がかかっていると,どんな体形かわかりませんし,

オーディションで会ってみることも無駄なのかなという印象を与えてしまい書類が通らない原因となっているかもしれません。

ポーズなんてものは後からでも何とでもなるものですし,
仕事でそのポーズのまま出演してもらうことなんてありません。

美容室がカラーやパーマをしきりに勧めてお金を儲けるように,
しきりに撮影オプションや画像修正を勧める写真スタジオもありますが,
不自然に盛った写真は,書類の通りが悪くなります。

(当方は加工不要でそのまま使える高度な写真を撮っています。
ポージングも無料で指示して撮影しています。)

実際にうちのお客様は,
事務所や他のスタジオで撮って,がっかりしたり,書類が通らなくなった方がたくさん撮影に来ています。
そのようなお客様から,書類の通りがよくなったという報告をたくさん頂いています。


あなたがお見合いする時に,不自然な写真を頂いたら,会ってみますか?
つまりは,そういうことなんですよ。

◆必要なカット
宣材写真(オーディション写真)に必要な写真は,
だいたい,バストアップ(上半身)と全身の2種類です。
sao2.jpg

私は,以下に述べる基本的なカットを撮ってから,
お客様の希望するポーズを撮るようにしています。
書類で使えなかったとならないためです。

上半身を正面,右,左,全身を正面,右,左は必ず撮ります。
正面の写真を,ユニクロやGAPのポスターみたいに,
かっこよく撮影できるカメラマンは腕がよいと思います。

◆バストアップの撮り方
1)顔の写真写りには①左右と②上下とで違いがあります。

以前CMで有名なS美容外科の院長先生と,人の顔の左右の写りが異なるという話をしました。

①左の顔をメインにすると,親しみやすい顔に写り,右の顔をメインにすると,クールに写ります。個人差はありますが,ほとんどの人は左の顔をわずかに前にするとよい顔に写ります。一部の芸能人は左前の顔写真ばかりですし,お札や肖像画は,左が前になっているものが多いです。


②顔はあなたの目線より少し上から撮ります。親が子供を見る目線なので,親しみやすさが増すというのが理由のひとつですが,もうひとつ大きな理由があります!それは。。

上から撮ると,小顔効果がハンパないっ!

わずかに上から撮ると,個人差はありますが,
あごまわりのラインが少しシャープになります。

逆に下から撮ると,
あご周りが大きく,だぶついて写ります。
子供が大人を見上げる目線になりますし,
これはよい印象を与えません。



◆全身の撮り方(体型がわかりやすく撮ること)

よく,カメラマンが立ち上がったまま撮ったアングルの全身写真をサンプルに◎としているスタジオがあったりしますが,間違いです。

カメラマンが立ったまま全身を撮影すると,本当のあなたよりも脚が短く写ります。
全身は,カメラマンが3メートル以上離れ,膝位置から,見上げるように撮ります。
70mm~100mmの中望遠レンズで撮影することができて,スタイルよく写ります。
プロカメラマンは,単焦点中望遠レンズを使いますが,コンパクトカメラやズームレンズの場合はW側ではなくT側を使います。こうすることで,誰でも足が長く,スタイルよく写ります。

ポーズや修正でごまかすよりも,スタイルよく写してこそ,カメラマンの技量です。

◆全身撮影を,モデルさんからカメラマンまでの距離が,2メートル以内で撮るスタジオでは,ファッション誌の大きな写真のような,きれいなスタイルに写りません。
奥行きが無いスタジオでは,50mm未満の広角レンズしか使えないので,腰が太く寸胴に写るので,損をするかもしれません。


O脚か,X脚か,美脚かが,判断しにくいポーズ写真は,詐欺写だと伝わり,書類が通りにくいので注意が必要ですが,きれいに写すためのポーズの指示出し,指導は致します。


◆右脚の大腿は太い。

左右の脚の太さがほぼ等しい人は珍しいのですが,ほとんどの人は右脚の大腿が太いので左脚を前に出すほうがスタイルがよく写ります。
脚で太く写るのは,特にふくらはぎなので,左足の膝で右足の膝を半分かくすように構えるとスタイルよく撮れます。

O脚の方は,前脚のつま先を少し外側に向けて,腰の高さで撮影すると,写真の上でO脚が目立たないように思います。



◆宣伝文句に惑わされず,素人が素人に見えない写真かどうかです。

有名人はすでに有名なのでどんな写真でもよいのですが,
無名な人は,有名人以上に,もっともらしく撮れてなければ仕事は取れません。

きれいな人やイケメンは誰が撮っても,容姿端麗な写真が撮れますが,
一般の人を有名人かのようにきれいに撮ってこそ,プロカメラマンだと思うのです。

素人が素人のようにしか写っていないとしたら,
それはあなたが未熟なのではなく,カメラマンの技量や美意識が未熟なのです。
スタジオ選択が間違っていると思います。

出来上がった写真を見て,すでに現場を踏んでいるプロのように写っていないと,
説得力,訴求力のある宣材写真,オーディション写真と呼べないと思います。

写真写りがよくないのは,あなたのせいではありません。
7割はカメラマンの技量です。よい角度をみつけて撮るのがカメラマンの仕事です。
有名人や芸能事務所の宣材写真は,私も撮ってきてますが,載せていません。
一般の人をきれいに撮れるかどうかが重要だと考えています。

私は,ここに書く以上に,たくさんのことを計算して,
『あなたが戦える宣材写真』を安価で撮影しています。
どうぞご参考に。

◆壁に貼って長期間,眺めていても,飽きない写真がよい写真の基準です。
sao1.jpg