So-net無料ブログ作成

ポスター用の撮影について [あれこれ]

ポスター用の撮影について

宣材写真のスタジオ撮影ご予約のお客様は,前後の日記をご覧下さい。
DSC07617.jpg


広告やポスター用の撮影では,加工修正などの手を加えていないRAW(ロー)データをデザイン事務所に納品するのが一般的です。

(写真屋さんでプリント可能な,JPEG(ジェイペグ)では画像密度が足りません。)

画像はいじるほど画質が劣化するものなので,写真スタジオで修正までしてしまうと,
もはや写真に見えないような不自然な絵になってしまいますし,
そもそも,それはデザイン事務所が納品して欲しいRAWデータではありません。

当方に限らず,写真スタジオで修正をするのではなく,

修正前の画像が,修正が不要なほどきれいに撮れているRAWデータが必要になります。

修正はポスター制作のデザイン事務所でデザインと同時に行うのが一般的です。なぜかというと,モニターで見る場合と,印刷する場合では,色味が印刷機によって,異なってくるため,最良の調整はどうしても,印刷現場と近い工程で色味の調整する必要があるためです。 写真スタジオでのレタッチ(修正)は,デザイン事務所でのデザインと色校正の段階で,修正をやり直す必要が出てきて,無意味にお客様の出費を増やすだけです。 なお,色味については,光の当て方とカメラの設定で,ある程度は補正ができます。

当方の撮影データは,一般的なお客様であれば,修正は不要です。※変形はしません。

当方は,省庁のポスター制作の撮影実績がございます。

シミやソバカス,小さな傷などの除去は,コンシーラー等のメイクで塗りつぶして頂ければ, 照明の当て方とカメラの設定で,最小化できます。 色の濃淡も撮影時に,ほぼほぼなんとかなりますが, 色の薄い上着は白とびしやすいため,明度を抑えるのですが,肌が暗く見えがちです。 肌トラブルにナーバスな方は,濃紺などの反射の少ないマットな色の上着をおすすめします。

※ヒゲ剃り跡の,青い肌は,当方では修正してません。

なお,RAWデータは,JPEGよりもファイルサイズが何倍も大きいため,

SDカード代を別途ご負担いただきます。4GBごとに千円,申し受けます。

ギリギリでやっておりますので,値切り交渉はお断りしておりますが,

詳しくは電話でご相談下さい。

4Kクラスの最新の機材で撮影しております。背景は白(ほぼほぼ#FFFFFF)のみです。

090-5193-8325 (24時間対応)フォトアトリエ四ツ谷