So-net無料ブログ作成

縦横正しく表示するソフト(無料) [画像ソフト等]

WindowsPCで宣材写真の画像データを表示する時に、たとえば縦の画像が横になって表示されることがあります。

宣材写真の画像データをWindowsで「回転」して保存しなおすと、写真屋さんでプリントできなくなることが多いので、画像の回転は推奨しません。加工する場合は、PCに画像をコピーして作業して下さい。

宣材写真を縦横正しく「表示するだけ」なら、Vieasという以下の無料の画像ビューアが簡単でオススメです。
このソフトは軽度の画像の補正も出来ちゃいます。劣化防止のためにJPEG(lossless)で保存しましょう。

お渡しするCDRから、表示する画像を1枚選ぶと、縦横が正しく表示されます。
↓↑キーを押すだけで、画像をつぎつぎと全画面表示することが出来ます。
このソフトVieasを使えば簡単な加工も出来ます。
加工する場合は、PCに画像をコピーして作業して下さい。
Vieasの歪み補正で上辺をすぼめると、長身になります。

sampa1.jpgsampa2.jpg


Vieas(無料です。64bit版と32bit版とがあります。)
http://www.vector.co.jp/soft/dl/winnt/art/se243511.html
http://www.vieas.com/soft.html


加工後のデータは、写真屋さんの機械でプリント不能になる可能性があります。

家庭用プリンターで、プリントする場合は以下の印画紙タイプの写真用紙を推薦します。
EPSONクリスピア、FUJIFILM写真仕上げPRO、キヤノンPIXUSプラチナグレード
で「印刷設定:きれい」でプリントすると写真屋さんより、ずっときれいです。
紙代とインクはケチってはいけません。



なお、当方ではDPEXという有料ソフトを使って作業しております。