So-net無料ブログ作成

安価なメイク用の蛍光灯のススメ [あれこれ]

当方はセルフメイク用デスクに、美術館用蛍光灯と撮影用高級蛍光灯を設置しています。来室後、30分ぐらいは撮りませんので、お客様が支度する時間としています。電源はありますので、ヘアアイロンを持参されるお客様も多いです。ドライヤーは当方にもあります。雨天でも大丈夫です。

デスクの照明は、演色性能が高いランプです。発色がわかりやすく、正しい色合いでメイク(セルフ)ができます。美術館用の蛍光灯(FL20S-N-EDL-NU/演色AAA)は安価で、ご家庭に1本あるとメイクの発色がわかりやすいことと思います。

_DSC4690.jpgDSC03246.jpg

夜の駅や電車を外から眺めると、一般的な蛍光灯の色は黄緑色に傾いていることがわかります。家電量販店には、D色、N色、L色の3色しか売られていませんが、色評価用蛍光灯というN色(昼白色)で演色AAAの蛍光灯は家電量販店には売っていません。美術館やデザイン事務所で使われている色評価用という蛍光灯は、Amazonで買えます。値段も1,000円しません。


20Wですので、1本だと暗いかもしれませんが、発色はよいので、正しいメイクの発色がよくわかりますので、オススメします。

ちなみに現代のLEDランプは明るいだけで、発色がよくありませんので、メイクや料理のライティングにはまったく向きません。美術館用の蛍光灯だったら、コンビニのご飯もご馳走に見えるかもしれない。演色AAAのランプを使ってメイクに差をつけましょう。



FL20S-N-EDL-NU


三菱オスラム、日立、松下、東芝など各社から出ていますが、『FL20S-N-EDL-NU/演色AAA』とあれば『色評価用』と表示がなくても、同じです。直管蛍光灯には「スタータ型」(FL) とか「ラピッドスタート型」(FLR) があります。『FL(スタータ型)20S-N-EDL-NU/演色AAA』は「スタータ型」です。「ラピッドスタート型(グローランプがない器具)」のスタンドでは使えません。インバータ型スタンドの場合、スタータ型(FL)ランプが使える器具と使えない器具があります。わからなければ、AMAZONで蛍光管とあわせてスタンドを購入するのも手です。




さて、「色合い」だけに注目してサンプル画像をみると、カラーバランスが生かされず、へんな発色の写真スタジオさんが多数あります。原因は、経験も知識もない見習いカメラマンや、PCやデジタルに弱い世代のカメラマンが、カラーバランスをカメラ任せで撮っているからです。どんなプロ用のカメラも万能ではありません。現代のカメラを妄信してカメラ自慢をする前に、プリントを勉強しろといいたい。

いちいち修正しなければ使えない画像では、もらってもどうしようもないでしょう。


あ、うちは大丈夫ですよ。
撮った枚数、失敗も含めて、ぜんぶお渡しします。そのまま使えます。
ご家庭のプリンターできれいにプリントできます。
昨日は愛知県から、新幹線でお客様がいらっしゃいました。びっくり。
_DSC5677.jpg