So-net無料ブログ作成
撮影服の話 ブログトップ

NGな服の生地 [撮影服の話]

現代の技術では、この画像のような生地を撮影すると、モアレというのですが、渦巻き状の縞模様にプリントされたり表示されることがあります。きれいな写真のためには、このように目がチカチカするような繊維の編み方の生地は、なるべく避けたほうが無難です。細かいストライプとか細かい格子模様とか。
もあれ.jpg

なお、モアレ発生については、低減するようにカメラメーカーが努力していますが、
現状は、どこのプロ用カメラでもPCでもプリントでも変わりはありません。
このようなチカチカする生地の服でどうしても撮りたい場合は、予備の服をご持参下さい。

モアレの詳細についてはWikipediaに記述があります。


◆光沢のない服のほうがお肌がきれいに出ます。
撮れなくはないですが、色の薄い服、パステルカラーは避けたほうがお肌がくすみません。

◆真っ白なレース生地は輪郭などのディテールが部分的に消えることがあります。

◆黒いタイツは、写真では脚の輪郭が強調されてしまいます。体型を気にする方は黒や濃色のタイツを避けて下さい。

◆腰に絞りのないワンピースは、正面からは寸胴に写りますので、斜めにポーズをするか、ベルトで絞りを作って下さい。

宣材写真は、高尚なカメラマンに撮って頂くものではなくて、
お客様とフォトグラファーとの共同作業です。いい写真をつくりましょう。

NGな服の生地 [撮影服の話]

現代の技術では、この画像のような生地を撮影すると、モアレというのですが、渦巻き状の縞模様にプリントされたり表示されることがあります。きれいな写真のためには、このように目がチカチカするような繊維の編み方の生地は、なるべく避けたほうが無難です。細かいストライプとか細かい格子模様とか。
もあれ.jpg

なお、モアレ発生については、低減するようにカメラメーカーが努力していますが、
現状は、どこのプロ用カメラでもPCでもプリントでも変わりはありません。
このようなチカチカする生地の服でどうしても撮りたい場合は、予備の服をご持参下さい。

モアレの詳細についてはWikipediaに記述があります。


◆色の濃い服のほうがお肌がきれいに出ます。
撮れなくはないですが、色の薄い服、パステルカラーは避けたほうがお肌がくすみません。

◆真っ白なレース生地は輪郭などのディテールが部分的に消えることがあります。

◆黒いタイツは、写真では脚の輪郭が強調されてしまいます。体型を気にする方は黒や濃色のタイツを避けて下さい。

◆腰に絞りのないワンピースは、正面からは寸胴に写りますので、斜めにポーズをするか、ベルトで絞りを作って下さい。

宣材写真は、高尚なカメラマンに撮って頂くものではなくて、
お客様とフォトグラファーとの共同作業です。いい写真をつくりましょう。

nice!(0) 

NGな服の生地 [撮影服の話]

現代の技術では、この画像のような生地を撮影すると、モアレというのですが、渦巻き状の縞模様にプリントされたり表示されることがあります。きれいな写真のためには、このように目がチカチカするような繊維の編み方の生地は、なるべく避けたほうが無難です。細かいストライプとか細かい格子模様とか。
もあれ.jpg

なお、モアレ発生については、低減するようにカメラメーカーが努力していますが、
現状は、どこのプロ用カメラでもPCでもプリントでも変わりはありません。
このようなチカチカする生地の服でどうしても撮りたい場合は、予備の服をご持参下さい。

モアレの詳細についてはWikipediaに記述があります。


◆色の濃い服のほうがお肌がきれいに出ます。
撮れなくはないですが、色の薄い服、パステルカラーは避けたほうがお肌がくすみません。

◆真っ白なレース生地は輪郭などのディテールが部分的に消えることがあります。

◆黒いタイツは、写真では脚の輪郭が強調されてしまいます。体型を気にする方は黒や濃色のタイツを避けて下さい。

◆腰に絞りのないワンピースは、正面からは寸胴に写りますので、斜めにポーズをするか、ベルトで絞りを作って下さい。

宣材写真は、高尚なカメラマンに撮って頂くものではなくて、
お客様とフォトグラファーとの共同作業です。いい写真をつくりましょう。

nice!(0) 

NGな服の生地 [撮影服の話]

現代の技術では、この画像のような生地を撮影すると、モアレというのですが、渦巻き状の縞模様にプリントされたり表示されることがあります。きれいな写真のためには、このように目がチカチカするような繊維の編み方の生地は、なるべく避けたほうが無難です。細かいストライプとか細かい格子模様とか。
もあれ.jpg

なお、モアレ発生については、低減するようにカメラメーカーが努力していますが、
現状は、どこのプロ用カメラでもPCでもプリントでも変わりはありません。
このようなチカチカする生地の服でどうしても撮りたい場合は、予備の服をご持参下さい。

モアレの詳細についてはWikipediaに記述があります。


◆色の濃い服のほうがお肌がきれいに出ます。
撮れなくはないですが、色の薄い服、パステルカラーは避けたほうがお肌がくすみません。

◆真っ白なレース生地は輪郭などのディテールが部分的に消えることがあります。

◆黒いタイツは、写真では脚の輪郭が強調されてしまいます。体型を気にする方は黒や濃色のタイツを避けて下さい。

◆腰に絞りのないワンピースは、正面からは寸胴に写りますので、斜めにポーズをするか、ベルトで絞りを作って下さい。

宣材写真は、高尚なカメラマンに撮って頂くものではなくて、
お客様とフォトグラファーとの共同作業です。いい写真をつくりましょう。

nice!(0) 
撮影服の話 ブログトップ